これからの留学のカタチ【変化をチャンスと考えるか】

EDUCATION

こんばんは。

コロナ渦でなかなか留学やワーホリへ行けない。

行って良いのか、悪いのか国ごとにルールが目まぐるしく変わるから分からない。

取り敢えず、今はおとなしくしておこう。

今回は、そんなお悩みを解決します。

本記事の内容

  • これからの話
  • どうすれば良い?
  • 出来ることはなにか?
  • 留学のこれから
  • おまけ

※本記事の内容は、全て私の個人的見解です。

スポンサーリンク

これからの話

可能性はゼロではない

留学やワーキングホリデーを検討して、コロナ渦の影響で渡航出来なかった方へ。

これからも、留学やワーキングホリデーへ行くチャンスは必ず訪れます!

今はたまたまその時期ではなかっただけです。

私は、カナダのバンクーバーへ留学していました。

留学での経験や過ごした時間は、今でもかけがえのない大切な宝物です。

詳しくはこちらの記事を参考に。

【留学】本当に大切なことは英語ではなかった【学生へ】
この記事では、英語を話す以外にも、大切なことあるかな?留学を検討中の方へお届けします。

 

今、このような状況でも留学生を受け入れている国はあります。

ただし、条件はいくつかクリアしなければなりません。

今行くべきなのか、行きたいのに行けない。

色々な情報に踊らされることなく、ご自身の留学やワーキングホリデーの準備と、デッドラインを決めることが大切です。

スポンサーリンク

どうすれば良い?

出来る準備は全てしておく

留学やワーキングホリデーへ行けない状況が続く今、You TubeやSNSを覗いてる時間は少し減らしましょう。

もし、留学やワーキングホリデーをキャリアアップに繋げたいなら、多くの人と差をつける最大のチャンスです。

英語学習やオンライン英会話を利用して、英語に慣れて少しでも多く英語を話す機会を作りましょう。

「勉強の英語」と「生活の英語」

「勉強の英語」はテストでスコアを取るために必要です。

「生活の英語」は人とコミュニケーションをとり、自分の意思や考えを伝えるのに必要です。

両者とも国際社会では重要で、英語が話せることが国際社会でのスタンダードだからです。

日本人は、英語を勉強しなければなりません。

英語圏の人達は、もちろん英語が母国語なので、特別多くの時間を英語学習に当てることはありません。

その点で、日本人と英語圏の人達の間で大きな差があります。

もし、留学やワーキングホリデーへ行くことを考えているなら、今がチャンスです!

情報収集

留学やワーキングホリデーは行く前も、行ってからも情報収集で差が出ます。

常に最新の情報にアンテナを張り巡らせることが重要です。

もしよければ、こちらの記事を参考にしてみてください。

【最新】情報収集はこれだけで充分【SNS活用法】
留学前でインターネットで検索したり、You Tube観たり。色んな情報があって、どれを選んでいいかわからない。今回は、そんなお悩みを解決します。

 

出来ることはなにか?

行けない理由を考える前に、行ける方法を考えよう

少しここからは、メンタルや考え方について書きます。

留学へ行けるのか。ワーキングホリデーで渡航できるか。

冷静に考えると、行くことはかなり難しいです。簡単ではないです。

行けないから、どうしよう。行けないから、こうしよう。

そう考えてしまいます。

行くのが難しい時こそ、どうしたら行けるのか。行ける方法を考えましょう。

もし、自分でアイディアがみつかなければ、周りの誰かに相談してみましょう。

(※相談する人はよく考えましょう。なぜなら、あなたの夢を壊す”ドリームキラー”かもしれません)

行ける方法は、いくつもあります。

行けないと思ってるのは、あなたのチャンスを奪いかねないので要注意です。

行ってからの目的を、60%ぐらい決めておこう

留学やワーキングホリデーへ行くまでに、自分と向き合う時間が多くあります。

それは、今まで制限の無い中、留学やワーキングホリデーを経験した人たちよりも多くの時間があります。

行ってから、やりたいことや新しく興味を持つことは大切で、そういったことの方よくあります。

その時は、その時で考えましょう。

今は、渡航まで時間があります。海外で挑戦してみたいこと、勉強してみたいこと、興味関心があること。

全て携帯のメモに今すぐ書きましょう。

そのメモは、忘れた時に留学中やワーキングホリデー中に、必ず読み返すことになります。

今現在のアイディアや興味関心のあることを、書き記しておきましょう。

留学のこれから

オンライン化のメリット

コロナ渦の影響で良くも悪くも、オンライン化が進んでいます。

オンライン英会話。オンライン留学。etc

場所や時間に縛られること無く、フレキシブルに活動出来るのが、オンライン化のメリットです。

五感を感じて

留学やワーキングホリデーは異国の地での生活です。

非日常がの生活が、2週間も経てば日常生活になるのが、留学やワーキングホリデーです。

五感を感じて生活することで、

「留学・ワーキングホリデーに来てよかった」

そう思う日が必ず来ます。

おまけ

最後に、

旅行相談はもちろん、留学・ワーキングホリデーについての相談なども、受け付けています。

お問合せフォームからどうぞお気軽にお問い合わせください。

次回の更新もお楽しみに!

 

つづく、

EDUCATION
スポンサーリンク
トパゾス
タイトルとURLをコピーしました