【海外旅行】楽しみ方に、決まりは無い!事前に調べすぎないことで、ワクワクUP!

Overseas

こんばんは。

海外旅行へ行く時に、どのガイドブック買って読んでるんだろう。

インターネットではどのサイトを使って検索してるんだろう。

みんなとは少し違った旅行を楽しみたいな。

今回は、そんなお悩みを解決します。

本記事の内容

  • ガイドブックに書いてない旅
  • 旅行の目的は
  • 情報は宝。時には不要。
  • おまけ
スポンサーリンク

ガイドブックに書いてない旅

楽しさは無限大

海外旅行で行く場所を調べるのは、一番楽しい時間です。

ワクワク、ドキドキ、どんなところで食事を楽しもうか、見たい景色や建物を調べたり。

ガイドブックやインターネットなど最近では、SNSを利用して多くの情報収集を簡単に手元のスマートフォン一つで世界を見る事が出来ます。

私たちの手に握ってるスマートフォンに全ての応えが隠されています。

今回は、そんな情報に溢れてる今の時代だからこそ、何も事前情報を調べずに海外旅行へ行く事をオススメします。

私は今まで、26カ国150都市以上の旅行をしてきました。

そんな私が、一味違った海外旅行の仕方を紹介します。

スポンサーリンク

旅行の目的は

街と人

旅の醍醐味は、人それぞれ感じるポイントが異なると思います。

しかし、私や皆さんの印象に残る1番のコトは何か。

それは、街と人です。

ガイドブックやインターネット上では、多くの観光地の情報が溢れかえっています。

しかし、街の雰囲気やニオイ。人の気配や仕草。そういったものは、ガイドブックやインターネットからは感じ取ることは出来ません。

旅行へ行ったら、私たちの五感にアンテナを張り巡らせ、時には第六感を感じます。

街と人が一体になり、観光客ではなく同じ空気感に溶け込めたら、いつもと違った海外旅行を楽しむことが出来ます。

そして、ガイドブックやインターネットからは得ることの出来ない、新しい発見が必ず有るはずです。

情報は宝。時には不要。

情報は宝

情報は宝です。

先に書いたように、ガイドブックやインターネットから得ること以外の旅行の仕方を前提に、最低限の情報は必要です。

海外旅行は、異国の地での時間を過ごします。私たちが日常住んでいる世界とは少し異なります。

国の社会情勢。マナーや文化。風習や習慣。

旅行者としての最低限のマナーを知ってから、渡航することはとても大切なことです。

時には不要

海外旅行へ行ったら、現地の人の声に耳を傾けましょう。

あなたの知らない、現地の人しか知らないローカルな情報が手に入るかもしれません。

口コミはいつの時代になっても、ガイドブックやインターネットでの情報以上の価値があります。

声を掛けて嫌な顔をされても、大丈夫!

異国の地でたまたま声をかけた人です。またどこかで顔を合わせる確率はかなり低いです。

勇気を出して、ひと声かけてみましょう。

素敵な出会いと、情報に出会えるチャンスです。

おまけ

最後に、

旅行相談はもちろん、留学・ワーキングホリデーについての相談なども、受け付けています。

お問合せフォームからどうぞお気軽にお問い合わせください。

次回の更新もお楽しみに!

 

つづく、

 

タイトルとURLをコピーしました