アラサー必見!留学?それともワーキングホリデー?

EDUCATION

こんばんは。

もうすぐで、30歳になります。ワーキングホリデービザを利用して、海外生活を送りたいです。

でも、英語が苦手なので留学もしたいです。

今回は、そんなお悩みを解決します。

本記事の内容

  • ルールの確認
  • 海外へ行く目的は?
  • 思い立ったが吉日
  • おまけ
スポンサーリンク

ルールの確認

ワーキングホリデービザの条件

ワーキングホリデーは、国ごとにルールが違います。

こちらの記事を参考に。

ワーキングホリデーとは?【年齢制限あり】
留学も良いけど、せっかく行くなら海外で働いてみたいな。ワーホリはどんな感じなんだろう。今回は、そんなお悩みを解決します。
【オーストラリア】ワーキングホリデー人気のワケ!
ワーキングホリデー行こうか悩んでます。友だちから、オーストラリアはワーホリにオススメだよって言われました。オーストラリアはどんな国なんだろう。今回は、そんなお悩みを解決します。
【ニュージーランド】ワーキングホリデー人気のワケ!
こんばんは。 ワーキングホリデー行こうか悩んでます。友だちから、ニュージーランドはワーホリにオススメだよって言われました。ニュージーランドはどんな国なんだろう。今回は、そんなお悩みを解決します。
【イギリス】ワーキングホリデー人気のワケ!
ワーキングホリデー行こうか悩んでます。友だちから、イギリスはワーホリにオススメだよって言われました。イギリスはどんな国なんだろう。今回は、そんなお悩みを解決します。
【台湾】ワーキングホリデー人気のワケ!
ワーキングホリデー行こうか悩んでます。友だちから、台湾はワーホリにオススメだよって言われました。台湾はどんな国なんだろう。今回は、そんなお悩みを解決します。

年齢制限

18歳から30歳!

上記の年齢なら、誰でも申請することが可能です。

留学は

語学留学に特別な条件等はありません。

国によって、ビザの種類によって就学期間が決められています。

いつでも何歳でもOK

年齢制限もなく、それぞれのビザの種類によって、決められている就学期間内なら滞在が可能です。

スポンサーリンク

海外へ行く目的は?

語学学習

ワーキングホリデービザが取得できるのは、30歳までの制限があります。

もし、まもなく30歳を迎えるのであれば、語学留学での学生ビザではなく、ワーキングホリデービザをお取得することをオススメします。

それぞれの国によって、ルールは異なりますが、ワーキングホリデービザでも語学学校へ通うことが可能です。

国によっては、就学期間が1年間有効な国もあるので、語学学校で勉強しながらアルバイトをすることも可能です。

キャリアアップ

30歳前での留学やワーキングホリデーは、一度今の仕事を辞めて渡航する人がほとんどです。

今現在働いている仕事を、辞めて渡航することは大きな決断です。

せっかく、大きな決断をして海外へ渡航するので、手ぶらで日本に帰ってくるわけにはいかないですよね。

ワーキングホリデービザでの渡航は、大きなチャンスを掴むチャンスです。

番外編

ワーキングホリデーへ行った人の多くは、ワーキングホリデービザの有効期限1年間の海外生活を終えて日本へ帰国します。

海外で磨きをかけたスキルを、帰国後の転職活動で発揮してる方を多くです。

ワーキングホリデーで渡航した人の中には、

「あの人なかなか日本に帰ってこないね」

そういった人が、あなたの周りにも少数いるはずです。

そういった方たちは、

  • 移住
  • 永住権獲得
  • 就職
  • 結婚

こういったチャンスを、海外の地で掴んだ人たちです。

次回以降、インタビュー記事を投稿するのでお楽しみに!

思い立ったが吉日

ワーキングホリデービザが使えるなら

ワーキングホリデービザが取得出来る年齢なら、ワーキングホリデーへ行くことをオススメします。

なぜなら、留学だけなら年齢制限無くいつでも行くことが出来ます。

お金と時間が多く有る、老後でも行くことが可能です。

しかし、ワーキングホリデーは30歳までと年齢制限があり、若い今の時しか使うことの出来ない、30歳までの特権です。

なぜ30歳までか?

日本では多くの人が、高校や大学を卒業したら就職活動をして、働きます。

一方で、先進海外諸国では。高校や大学を卒業したら、すぐに就職をする人もいれば、世界を旅したり、実際に生活したり働いてみたりして、経験や体験を養う時間に費やす人が多くいます。

その年齢期間が、30歳までとも言われています。

アラサーで今まで普通に日本で過ごしてきて、でもなにか元足りなくて、かわりたいな、人生変えたいなと思うなら、ワーキングホリデーは一つの手段かもしれません。

おまけ

最後に、

旅行相談はもちろん、留学・ワーキングホリデーについての相談なども、受け付けています。

お問合せフォームからどうぞお気軽にお問い合わせください。

次回の更新もお楽しみに!

 

つづく、

タイトルとURLをコピーしました