【ダハブ】本当は誰にも教えたくないリゾート地!エジプト!【服装など】

Overseas

こんばんは。

この記事を読んでる人は、

  • 日本人の少ないリゾート地
  • 年末年始、海行きたいな
  • あまり知られてない穴場へ行きたい
  • 綺麗な海でゆったり過ごしたい

そんな方にオススメです。

本日のあらすじ

スポンサーリンク

ダハブってどんな場所?

ダハブはエジプト東部にあるシナイ半島にある都市。紅海に面しています。

年間を通して降水量が5mm。1年を通してほとんど雨が降らないので、お天気の心配は必要なし。

夏の最高気温は40℃超え。水温は夏場は27度前後。

冬場の最高気温は20度前後。水温は21度前後。

年間通してマリンスポーツを楽しむことが出来ます。

 

服装

2019年の年末にダハブへ行った時は、

日中は半袖短パンOK

朝と夜はパーカーなどの薄手の上着が必要

日によっては、出発時に来ていたダウンジャケットを着ることも。

寒暖の差が激しいので、少し荷物は多めに持っていくことになりそうです。

サングラス必須

紫外線と太陽の日差しで日中は要注意。

日焼け止めは常に塗っておいたほうが安心。

乾燥対策必須

エジプト・ダハブはとにかく乾燥しています。

私は、乾燥の影響で常に鼻がつまったような感覚でした。

リップクリームや保湿オイル化粧水など、こまめにケアすることが大切。

水は常に持っておこう

乾燥しているので自然と口が乾いてきます。街なかでもペットボトルの水を買えます。

常に水は常備しておくことをおすすめします。

 

物価

ダハブは物価も魅力の1つです。ダハブは世界の中でも格安のリゾート地と呼ばれています。

東南アジア諸国よりも安いイメージです。

旅先での生活スタイルで、人それぞれ金額幅は違うので一概に言えませんが、相当満足できる物価です!

質の高い物価の安さと感じ取れました。

スポンサーリンク

治安大丈夫?

比較的安全な印象

特に危険な雰囲気だったり、嫌な雰囲気はなし。

街なかでの客引きはなし。

欧米からの年齢高め層の旅行者が多いイメージ。

普通に観光を楽しんでリゾート地を満喫するのに何不自由はない。

※個人の感想なので、各自細心のご注意を払いながら旅行を楽しんでください。

年末の海どうだった?

結論

全然余裕で入れます!

でも、シュノーケリングは20分が限界。海水の冷たさに慣れれば平気だけど、長時間の入水は厳しいです

ウェットスーツを着用していれば、もちろん長時間楽しむことが出来ます。

透明度は世界でもトップクラス

ダハブ最大の魅力は紅海

青く美しい海!

河川がないので不純物が海に流れることがないので透明度は抜群

ダハブへ行ったら絶対に海に入ってください。ダハブの海は凄いです。

正直、あまり日本のみなさんに知られたくない、穴場です。

おまけ

English OK

ホテル、街中のお店、レストランで英語が通じるのでコミュニケーションの心配は必要なし。

日本人の私たちでも聞き取りやすい英語の発音とスピードなので、英語が苦手な方でも大丈夫!

 

 

ダハブへの行き方とホテルは次回のお楽しみ!

つづく

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました