ワーキングホリデーとは?【年齢制限あり】

EDUCATION

こんばんは。

留学も良いけど、せっかく行くなら海外で働いてみたいな。

ワーホリはどんな感じなんだろう。

今回は、そんなお悩みを解決します。

本記事の内容

  • ワーキングホリデーとは
  • 年齢制限
  • ワーキングホリデーで行ける国
  • 留学との違い
  • おまけ
スポンサーリンク

ワーキングホリデーとは

1年間滞在可能

国によって異なりますが、ほとんどの国が1年間滞在することが可能です。

申請時の年齢条件をクリアしていれば、特に語学力がなくてもどこの国で1年間生活するビザを取得することが出来ます。

 

勉強+アルバイト OK

ワーキングホリデーの醍醐味は、働くことが出来ることです。

最初の数カ月は語学学校へ行き、その後はアルバイトをしながら生活するケースがほとんどです。

日本の大学生の様に、アルバイトをしながら学校で勉強することが出来るのがワーキングホリデーです。

日本よりも物価の高い国で働けば、日本より稼ぐことが出来るのも、ワーキングホリデーの魅力です。

勉強も出来て、働けて、働いたお金で生活や旅行へ行くことが可能です。

スポンサーリンク

年齢制限

18歳から30歳の年齢条件なら、誰でも申請することが可能です。

語学力もあまり必要とされていないので、誰でも気軽に申請が出来るのがメリットです。

※申請の際、日本語対応していない加盟国がほとんどなので、英語には慣れておきましょう。

※国によって申請条件は様々なので、必ず自身で調べることが大切です。

ワーキングホリデーで行ける国

可能性は沢山

2021年現在、26カ国が日本とのワーキングホリデー協定国です。

行きたいと思う国は、だいたいワーキングホリデーで行くことが可能な国です。

最近では、2020年4月からオランダもワーキングホリデー協定国に加盟しました。

英語圏はもちろん、アジアやヨーロッパ、南米などあらゆる言語の国で生活するチャンスを得られるのが、ワーキングホリデーです。

人気ランキング

  1. オーストラリア
  2. カナダ
  3. ニュージーランド
  4. イギリス
  5. 韓国

留学との違い

留学は学習を目的とし、何度でも何回でも同じ国に留学をすることが可能です。

ワーキングホリデーは、年齢制限があります。

一度ワーキングホリデービザを取得したら、一度しかその国でワーキングホリデーが出来ません。

ワーキングホリデーは、一生に一度しかその国でしか利用することが出来ません。

ビザ申請は慎重に検討することをオススメします。

おまけ

留学する際に、事前に計画的に長期滞在を希望の場合、少しでも長く滞在することが可能です。

人気のオーストラリアやニュージランドなどの国に、上手く留学ビザとワーキングホリデービザを組み合わせて長期滞在している方も多くいます。

もし、ご相談等ありましたらお問合せフォームを用意しているので、メッセージお待ちしております。

ワーキングホリデーにについて、今後詳細に情報を更新していくのでお楽しみに。

 

つづく

タイトルとURLをコピーしました