【オーストラリア】ワーキングホリデー人気のワケ!

EDUCATION

こんばんは。

ワーキングホリデー行こうか悩んでます。

友だちから、オーストラリアはワーホリにオススメだよって言われました。

オーストラリアはどんな国なんだろう。

今回は、そんなお悩みを解決します。

本記事の内容

  • オーストラリアについて
  • 人気のワケ
  • 人気都市
  • おまけ
スポンサーリンク

オーストラリアについて

ワーキングホリデービザ条件はこちらになります。

対象年齢は18歳から30歳

滞在可能期間は1年間 ※条件により3年間

語学学校などで、勉強できる期間は4カ月まで。

同じ場所での雇用期間は最長6カ月間。

ビザ申請方法はオーストラリア移民局ホームページ申請

ワーキングホリデービザ申請料は、485豪ドル

特別、ビザ条件に難しいことは無く、ビザ申請も簡単にいつでも申請することが可能です。

スポンサーリンク

人気のワケ

オーストラリアがワーキングホリデーで選ばれるワケを紹介!

最長3年間

なんと、条件をクリアすればワーキングホリデービザでオーストラリアに3年間滞在することが可能です。

2019年7月1日から、サードワーキングホリデーの申請がはじまりました。

日本がワーキングホリデー協定を結んでる国の中では、オーストラリアが最長です。

※留学ビザと組み合わせれば、さらに長く滞在することも可能です。

時給が高い

オーストラリアの魅力である、時給の高さ。

多くの日本人がオーストラリアに集まる理由の1つです。

なんと、カフェでバイトした場合、20ドル前後。

日本食レストランでのアルバイトでも20ドル前後と、高時給で働くことが可能です。

もし、英語スキルが高ければ、ローカルレストランで働くことが可能なので、そうなるとより時給が高くなる傾向があります。

オーストラリアに長く滞在できる秘訣は、時給の高さにあります。

住みやすい

オーストラリアは広大な国土で都市によって気候が全く違います。

都市エリア、ビーチエリアなど自分のライフスタイルや理想の生活スタイルに近づくことが出来ます。

そして、日本と変わらない治安で安心して日常生活を送ることが出来ます。

※危険な場所や立ち入らない方がいいエリアはあります。

人気都市

  1. シドニー
  2. メルボルン
  3. ケアンズ
  4. ゴールドコースト
  5. アデレード
  6. パース
  7. ダーウィン
  8. キャンベラ

オーストラリアの首都はキャンベラ。

ニュージーランドの首都はご存知ですよね?

【ニュージーランド】ワーキングホリデー人気のワケ!
こんばんは。 ワーキングホリデー行こうか悩んでます。友だちから、ニュージーランドはワーホリにオススメだよって言われました。ニュージーランドはどんな国なんだろう。今回は、そんなお悩みを解決します。

おまけ

オーストラリアは多くの日本人から人気なワーキングホリデーの国です。

住む環境。住むために仕事をする環境。英語が公用語な環境。

他の国と比較する際にも、1番ちょうどいい国で、日本との時差もごくわずかです。

なんと、オーストラリアまでの移動手段として、LCC(格安航空会社)が日本からオーストラリアまで就航していることも大きな要因です。

ジェットスター航空を利用すれば、成田空港からケアンズまで往復5万円前後で行くことも可能です。

少しでも長く海外生活を送りたければ、オーストラリア一択です!

もし、オーストラリアへのワーキングホリデーを検討中でしたら、喜んでお悩みやご相談をお待ちしております。

お問合せフォームを用意しているので、お問合せフォームからのお便りお待ちしております。

次回以降、オーストラリア人気都市について、都市ごとの紹介をしますのでお楽しみに!

 

つづく

タイトルとURLをコピーしました