【イギリス】ワーキングホリデー人気のワケ!

EDUCATION

こんばんは。

ワーキングホリデー行こうか悩んでます。

友だちから、イギリスはワーホリにオススメだよって言われました。

イギリスはどんな国なんだろう。

今回は、そんなお悩みを解決します。

本記事の内容

  • イギリスについて
  • 人気のワケ
  • 人気都市
  • おまけ
スポンサーリンク

イギリスについて

イギリスはワーキングホリデーで人気上位の国です。

しかし、イギリスのワーキングホリデーは抽選制度の為、他の国と比べると狭き門です。

そのため、人気が高くワーキングホリデーを検討中の人は、申込期間を逃さないように、アンテナを張って情報収集する必要がありますね。

ワーキングホリデービザの条件

対象年齢は18歳から30歳(申請時の年齢)

滞在可能期間は、当選時期によって異なります。

年間発給人数は1,000人!

滞在可能期間は最大2年間です。

就学期間、就労期間は共に制限なし。※他の国より良い点!

ビザ申請方法は抽選に当選しなければならない。

ビザ申請料は£244(日本円で約37,000円)

スポンサーリンク

人気のワケ

イギリスでの生活

イギリスといえば伝統と歴史。ヨーロッパを代表する国であるイギリスでの生活は、あなたに大きなインスピレーションを与えることでしょう。

イギリス発祥の言語である英語もちろん、芸術、紅茶、テニスなどの代表的な伝統をイギリスで生活しながら、日常にすることが出来るのが、イギリスのワーキングホリデーの醍醐味です。

また、イギリスは物価が高いことで有名です。オーストラリアやニュージーランドで生活を比較すると、格段に物価が上がるので要注意ですが、イギリスでしか経験できないことは多くあります。

イギリスのロンドンを拠点に、LCC(格安航空会社)を上手く利用して、ヨーロッパ各地を飛行機で旅行できることも、イギリスを選ぶ人のポイントです。旅行好きの方にはオススメの国です。

最大2年間滞在することも

イギリスのワーキングホリデーが人気のワケ、それは無条件で2年間の滞在が可能です。

オーストラリアは最大3年間。ニュージーランドは最大1年3カ月。滞在することが可能ですが、条件付きです。

詳しくは、こちらの記事を御覧ください。

オーストラリア

ニュージーランド

就学期間と就労期間の制限が無いので、語学勉強やアルバイトに時間に時間を使うことが出来ます。

また、2年間の時間を上手く利用して、ヨーロッパ周辺国へ旅行へ行くことも可能なのでオススメです!

先ずは抽選

イギリスのワーキングホリデーは大人気です!

なぜなら、1年間の申請許可人数が1,000人と決まっています。

また、申請期間も決まっているので、他国のワーキングホリデービザ申請のように、いつでもオンラインで申請できるわけではありません。

前もって”計画”と”運”が必要なのが、イギリス行きのチャンスを掴む第一歩です。

人気都市

  1. ロンドン
  2. リバプール
  3. ケンブリッジ
  4. オックスフォード

おまけ

イギリスのワーキングホリデーは検討する時、値段の高さに躊躇してしまいます。

しかし、イギリスワーキングホリデー経験者の話を聞くと、みんな口を揃えて「行ってよかった」と言います。

私が思うに、イギリスという国の文化や歴史が日本人の私達に、どこか心地の良い生活しやすい感覚を与えると思います。

さらに、行った人たちに共通してたのは”旅好き”でした。イギリスを拠点に各地へ旅するのは最高ですね。

次回以降、LCC(格安航空会社)や大手航空会社を、上手に利用するテクニックを記事にします。

お楽しみに!

最後に、これからワーキングホリデーをしようか検討中の方で、相談や悩みがあれば気軽に、お問合せフォームからメッセージを受け付けています。

 

つづく

タイトルとURLをコピーしました